仮想通貨の良い点と悪い点は?

仮想通貨には良い点だけではなく悪い点もあります。仮想通貨の良い点と悪い点についてご紹介します。

リターンを得られる可能性が高い

近年になって投資対象や決済方法として注目を浴びるようになっている仮想通貨においても、良い点と悪い点とがあります。
良い点というのは、やはりなんといっても価格の上昇力です。

投資対象としてこれだけ人気があるのは、ハイリターンが期待できるからでしょう。
特に短期間での上がり方というのは非常に高く、たったの1晩だけで100倍にもなるということも決して珍しくはありません。

たったの数千円投資しているだけでも、それが大当たりすれば何十倍にもなって返ってくることがあるのです。
このような非常にハイリターンであるということが、仮想通貨投資におけるとても大きな魅力だといえるのです。

仮想通貨でも良く知られているナンバーワンのビットコインで例えるのであれば、発足当初に2,000円分を購入していたとします。
そうすれば、現在ではそのビットコインはなんと100億円ほどの価値にまでなっているのです。
これだけの爆発的な価格変動というのは、様々な懸念材料や不安といったものを全て押し切って投資家を押し切って投資家を熱狂させる最大の理由となっています。

株式や外国為替とはちがって、1,000円からの投資ができるというのも大きな魅力の1つとなっています。
そしてなんといっても仮想通貨は国際送金の手段としてとても使い勝手の良いものです。

手数料がとても安い

通常、海外に対して送金する場合には、自分が持っているお金を両替することができる銀行、送金所において支払いをします。
そして指定した送金先に送って、現地でお金を受け取るのです。

手間や両替、送金手数料による時間的、さらには金銭的ロスがとても大きく、それでいて他に手段がないために全ての人がこのような方法で海外に送金をしていたのです。

しかし、仮想通貨の台頭によって手数料はもちろん、時間というのは大幅に節約できるようになっています。
なぜならお金を発行している主たる銀行、政府はありません。
そのため、そのようなことに縛られることもなく送金できるのです。
これは非常に大きな長所となるのではないでしょうか。

100,000円を円からドルを送金しようと思った場合には、その場合には手数料がなんと8,000円もかかってしあみます。
ビットコインの場合には、どの国に対して送金したとしても手数料が差し引かれることもありません。
全くそのような手数料がかからないというのはとても大きな魅力だと言えるのではないでしょうか。

長所だけでなく短所も…

仮想通貨は、長所だけではなく短所もあります。
長所がとても大きな分、短所もそれだけ大きくなってしまいます。

仮想通貨だけではなく、ハイリターンであるものというのは、ハイリスクが付きまといます。特に暴落した際には投資家を救う法律があるものですが、仮想通貨においてはkのような法整備が全く行き届いていないのです。

そのため、取引所によっては一定額の保証金額を設けているところもあるのですが、あくまでも取引所主体のサービスだということになります。
また、仮想通貨を預けている取引所が万が一ハッキングを受けてしまい、コインが流出してしまうということもあるのです。

実際にこのような事件があったのですが覚えていますか?
高度だとはいっても、セキュリティ面においてはどうしてもいたちごっこという側面があり、セキュリティ面においては不安要素がまだまだあります。

そのため、リスクは通常の銀行、もしくは為替に比べると圧倒的に高くなっているということを覚えておかなければなりません。
このようなリスクを忘れることなく、運用することができれば仮想通貨は一度は投資をしてみる価値のあるものだといえるのではないでしょうか。

仮想通貨を始めるのは難しい?

仮想通貨投資をはじめるまでの流れをご紹介します。
まず講座開設をします。
投資と聞くと、とても複雑でお金がかかってしまうのではないかとマイナスな印象をもたれる方もいると思います。

仮想通貨投資の始め方は、とても簡単でたったの3ステップになります。
複雑な手順などは特にありません。
インターネット環境を準備できていれば、誰でも手軽に始められます。

次に仮想通貨の取引所に登録します。
仮想通貨投資を始める時には、仮想通貨の取引所に登録をしなければなりません。

登録の方法は基本的にどのような仮想通貨の取引所も似ているのですが、登録に使用するアドレス、本人確認書類を事前に用意します。

口座開設ができたら、仮想通貨を購入するために日本円を取引所に入金していきます。
入金の再には、沈香振込を利用できますし、土日や夜間においても資金はしっかりと反映されるので安心してください。

いよいよ気になる仮想通貨を購入します。
入金が確認できたら、いよいよ仮想通貨の購入です。
仮想通貨は500円からでも購入することが可能です。

仮想通貨を売却する場合にはコインを売却する仮想通貨の種類を選択してクリックするだけ、ということが大半ですのでとても便利です。

仮想通貨は現金に変えられるのか疑問に思われる方も多いと思います。
仮想通貨投資で利益が出たのであれば、価格が下がってしまうよりも前にできるだけ早く現金化して貯蓄するというのがやはり賢明でしょう。

仮想通貨の現金化というのはとても簡単なものです。
基本的に取引所で仮想通貨を購入する、ということになります。
そのため、その取引所において手持ちの仮想通貨を売却するようにしてみてください。

その作業もとても簡単なものです。
サービスを提供するのが取引所になりますので、当然ですが、それぞれのサイトなどから取引画面にログインをします。
そしてそこでどのくらいの仮想通貨を売却するのかを決めるのです。

それだけで、あらかじめ登録している銀行口座に対して日本円で送金されることになります。取引所に登録していて、注文で売買しますので、初めての人でも驚くほどに簡単です。
これが売買版で取引するものなのであれば、時間がかなりかかることになります。

これこそが取引を行う取引所という名前の所以なのですが、1つ難点があります。
それは、お互い条件が合わなければいつまでたっても売却できないというのがデメリットになります。

売却のポイントは?

売りの画面から、どれだけの仮想通貨をどのくらいの価格で売却するのかを入力していきます。
それが注文版に表示されます。
誰かが購入してくれれば日本円に変えられる、というシステムになります。
売却が完了していれば、そのお金を指定の銀行に送金します。
それだけで終了なのでとても簡単です。

利用する取引所などによっても手数料は変わっていきます。
このシステムの差というのは取引所における仕組み、販売所の利用などによっても違ってきます。
取引所では、基本的に注文版における個人同士の売買が主になります。
売りも買いも個人で注文しますので、取引がその段階で成立していれば購入するのも売却も終了となります。
そこまでの流れというのは少しだけ時間がかかります。

安く仕入れて高く売却するというのがやはり基本になります。
そのため、誰もがそれを狙っているのです。
取引が成立しなければ一定額の利用料を支払って終了となります。
そのようなことからも、それなりにある程度の知識がなければなにもわからずに損をしてしまう、ということも多いと思います。

そこで単なる販売所、つまり個人間の売買のシステムを持っていない販売所を利用していれば、簡単に現金化することができます。
専用ページから売却するボタンを押すだけでOKです。

ただし、販売所のデメリットは利便性が高く、同時に個人ではなく販売所を相手に取引するということからも、手数料が他に比べて高額になることがあります。

数百円の利益を現金化しようとするのであれば、損をしてしまう可能性もあります。
利用料金などのパーセンテージをしっかりと理解しておく必要があります。

仮想通貨を現金に換えるということ自体はとても簡単です。
専用のサイト、取引所が増えている現在において、仮想通貨のハードルもとても低くなっているのが事実です。

投資するとなるとできるだけ正確であり、情報を速やかに収集し、それぞれの取引所の特徴を知るというのもとても重要になります。
しかし、少額からの投資やお試しといったものを考えている方は一度購入して、売買を楽しむというのも大きなメリットだといえるのではないでしょうか。

仮想通貨 - Wikipedia

即時換金サービスって?

即時換金サービスを利用するのも換金方法のひとつになります。
即時換金サービスを利用する方法ですが、仮想通貨の中でもビットコインの場合には即時換金サービスがあります。

ビットコインを利用できる店舗において、ビットコインによって決済をした場合には、自動的に日本円へと換金してくれるサービスがあります。
ビットコインを使用してお店の支払いをすることが可能なのです。

この即時換金サービスにおいては、bitpayが有名です。
このサービスを利用し、決済を行うことができる店舗というのは、世界各地で10,000店舗以上になっているのです。
そのくらいにどんどん増え続けています。

bitpayは、ビットコインに対応しているデビットカードなども発行していますし、VISAカード加盟店なのであれば全国において利用できるものです。
こちらは、ビットコインを日本円に直接換金できる方法ではないのですが、ビットコインを決済できる方法としてはとても有効です。

ビットコインATMもあります。
ビットコインATMを使って換金するという方法になります。

その名の通り、ビットコイン専用のATMです。
このATMを使用してビットコインの換金、売買を行えるサービスになります。
現在では世界各地に大体1,000台ほど設置されています。
日本国内には首都圏を主にして20台が設置されているのです。
手数料はATMによって異なります。
東京のATMでは約5%程度の手数料が差し引かれることになります。