ハードウェアウォレットってなんなの?

仮想通貨のセキュリティーというのはとても高度なものです。
ハードウェアウォレットについてご紹介します。
いつでもセキュリティー問題が取りざたされている仮想通貨なのですが、それも仕方のないことです。

コンピューター上のデータをお金にして取り扱う世界ですので、ハッキングにおける不正アクセスからなんとしても護らなければなりません。
そうしなければ、驚くほど簡単に資産を失ってしまうリスクがあるのです。

そこで考え出されたものがハードウェアウォレットなのです。

ハードウェアウォレットって?

ハードウェアウォレットというのは一体なんなのでしょうか。
仮想通貨は、単なる電子的なデータとはいっても非常に高度なセキュリティーによって護られているのです。
それが公開キー、秘密キーになります。

単なるデータなら適当にコピーをすると永久的にお金を増やし続けられるのではないかと思われるかもしれませんが、仮想通貨には発行された通貨に履歴のようなデータが常について周ります。
その記録が世界中のコンピューターに保存されているのです。

これが公開キーであって、それぞれの通貨の持つアドレスのようなものになります。

公開キーと秘密キーの違いって?

通貨の持つアドレスのようなもの、公開キーがあるだけでもセキュリティ面においては強くなりますが、その通貨にアクセスするのは決して難しくありません。
さらに秘密キーを利用してその公開キー、そして秘密キーの両方が一致していなければ使用できなくなっています。

公開キーは貨幣で、秘密キーは自分が財布を持っているということです。
そのことを十分に理解しておいてください。
普通のお金の場合には財布、お金そのものが誰かに見られても決して問題ではありません。
しかし財布からお金を出せるのは自分だけであり、その作業によってセキュリティーを維持できているのです。

それをコンピューター上で実現していなければなりません。
実際にそれを実現できたのが、世界でも初めての仮想通貨であるビットコインなのです。

ハードウェアウォレットというのは安全ではありますが、同時に正しい理解と使用方法が必要不可欠だということを覚えておかなければなりません。
この暗号のうち、秘密キーを物理的に保存するものが、ハードウェアウォレットなのです。

つまり、お金そのものは取引所や特定の口座に保管しています。
しかし、あらゆる取引に必要な秘密キーのことを別の場所、物理的にコンピューターから離れているメモリに保存することによって、完全に不正アクセスから守ろうとしているのがハードウェアウォレットということになります。

インターネットはもちろんですが、コンピューターにも接続していないですので、盗むことは極めて困難なことです。
現時点ではまさに最強のセキュリティーを誇っています。

では所有している仮想通貨をハードウェアウォレットに保存すると、絶対に安心できるのでしょうか。
それは100%安全とはいいきれません。
というのも、秘密キーを別に保管することによってセキュリティーにおいてはある程度のレベルを実現できるのは確かです。

しかし、使用するハードウェアウォレット端末が初期設定を済ませているものであれば、プログラムに従い、秘密キーをそのまま簡単に盗まれてしまうことも十分にありえるのです。
ハードウェアウォレットの仕組みを十分に理解しておく、ということがとても重要になるのです。

仮想通貨の持つ気になるマイナス点

仮想通貨は相場の変動が激しいという一面をもっています。
まず相場の変動が激しいというのはやはり気になりますよね。

仮想通貨は相場の変動がとても大きいですので、ハイリスクハイリターンの金融商品だといわれているのです。
余裕資金で行うように心がけて、初心者はミスをしないようにすべきです。
そして、正しい知識を身につけてから参加するというのがやはり理想的です。

自分のリスク許容度を理解しておくこともまたとても大切になります。
この自分のリスク許容度を理解しておくということですが、仮想通貨においてはレバレッジ取引も可能です。

自分の余裕資金や投資スタイルに合わせるようにして、どのくらいのリスクまでであれば許容できるのか、ということを決めておくというのが重要になります。
仮想通貨の取引所選びに注意してください。
実際に仮想通貨を取引するうえで利用することになるのが、仮想通貨の取引所になります。

取引所は国内外でさまざまな業者が運営しているのですが、自分に合う取引所を選ぶということがなによりも重要になります。
国内の取引所を利用する場合には、金融庁の登録業者を選択するようにしてください。
さらに、セキュリティは十分なのか、取引したい銘柄をしっかりと取り扱っているのか、サポート体制は万全なのかも必ず判断するようにしてください。

コメント