仮想通貨って課税されることはないの?

仮想通貨は課税されないのか気になりますよね。
仮想通貨を利用している方々で、驚くような利益が出ていたり、暴落や流出で損害を被ったなど色々と話題になることの多い仮想通貨なのですが、仮想通貨を購入するのに税金はかからないものなのでしょうか。

2018年の段階では仮想通貨を購入するのに税金はかからないことになっています。

仮想通貨の課税について

販売所や取引所で、指定の画面に従い日本円の送金をするだけでも仮想通貨を購入することができます。
しかし注意が必要なのは売却になります。
仮想通貨は価格変動が激しいだけあって、利益はもちろん損失も出やすくなるのが特徴になります。

さらに株のようにストップ高、ストップ安などの市場を安定させるような仕組みもないですので、需要に応じてどこまでも価格の変動が続くのです。

このような状態になると、ギャンブルと同じもののように感じるかもしれませんが、この段階で大きな利益が出ると、確定申告において利益をしっかりと計上しなければなりません。

売却時の利益によっては課税の対象に?

売却時の利益によって課税対象になることもあります。
国税庁の発表においては、ビットコインというのは物品の購入などに使用できるものではありますが、このビットコインを使用する場合に生じた利益というのは所得税の課税対象になり、ビットコインを使用することで生まれる損益に関しては邦貨、外貨との相対的な関係を認知したうえでの曽根気は事業所得等の各種所得の基因とされている行為において生まれた場合を除外すると、原則雑所得として区分されることになっています。

雑所得に属しているということは、年間において取引で20万円をこえるような場合には申告しなければならなくなります。
しかし所得分が事業に付随していると認められている場合に限って、事業所得に区分されることになるのです。

所有者が事業用資産の一部として仮想通貨を所有している場合であったり、決断手段のために所有している時には、雑所得としてではなく事業の会計の中の一部として含まれるということになります。

もしくは、その収入によって生計を立てていることがはっきりと分かるような場合や、仮想通貨の取引自体を事業として生業としちえる場合にも申告は事業所得として分類されることになります。

現金化等によって発生する税金は?

現金化、買い物によって発生する税金というのはどのようになっているのでしょうか。
仮想通貨の状態で持っていると税金は発生しない、というのが重要なポイントです。
仮想通貨を何億円分持っていたとしても税金が徴収されることは一切ありません。
課税対象になるのは日本円として変えた場合です。

これにより、海外で仮想通貨を現金化して日本に送金するといった色々な税金対策が試されているのです。
そこに加えて、仮想通貨で買い物をした時にも税金はかかりますのでご注意ください。

物を購入した時に原資よりも利益が出ているのであれば、現金化をしていないとしても課税対象になります。
このように、法整備や課税基準に関しても整備されはじめているというのが現状になります。

稼げる投資顧問で日本仮想通貨オンラインがあります。

仮想通貨購入後の注意点

仮想通貨を購入した後には安全に保管するようにしてください。
コインチェックやZaifにおいてハッキングがあったというのはよく知られています。
多くの人が、仮想通貨を取引所に放置しているかもしれませんが、取引所というのは絶対に安全なのかといえばそうではありません。

そのため、取引所にて仮想通貨を保管するというのはあまりおすすめできません。
しっかりとハードウォレットでキーを保管するようにしてください。
ハッキングにあってからでは全てがおしまいです。

一番人気のあるハードウォレットは、Ledger Nano Sになります。
ただし、中古品や非正規品というのはウイルスに感染している場合がありますので、購入はおすすめしません。

このようなことからも、まずは少額のビットコインを購入することからはじめてみてください。
仮想通貨に興味があるのであれば、まずは少額から購入してみてください。
遊び半分のような投資であっても、自分のレベルアップになります。
もちろん儲けが出るチャンスもあるのです。

どのような形であっても、革新的な技術に触れてみるのはとても魅力的だと思います。
それだけでもお金の勉強になります。

ただ、投資は必ず余剰資金で行うようにしてください。
借金になる可能性はありませんが、ある程度の損失が出るリスクはありますので、少額からスタートするというのが良いでしょう。

普段の生活の中でまずは仮想通貨の取引を取り入れるようにしてみてください。
仮想通貨の取引についてある程度の利益を出すことができれば、そこではじめて課税についても色々と知っておかなければならない情報もありますので、是非チェックしておいてください。

コメント